湯村温泉は古くは「志麻の湯」といって、大同3年(808年)弘法大師によって開湯・・
 温泉は江戸期は村が管理していたが、明治中期から現在のような形となった・・(受け売り)

 お湯は肌スベ・・
 お風呂に供給される湯を飲んで見た(飲泉許可なし)が、えらいまろやかな感じ・・
 こちら浴槽にある灯りがなんともいえん雰囲気しとるがなぁ・・

 脱衣所に弘法さんが鎮座されておりますが、小生スッポンポンでえらいすんませんでした・・
湯村温泉
 ホテル弘法湯
温泉の通知簿