「あんた、ここ初めてやろ」
 「はぁ」

 お湯がドバァ〜・・
 「ウチみたいに川のような垂れ流しの温泉は他にないわ」
 「それから熱いのはやめとき、初めての人は湯あたりするし・・・」
 と、威勢がええ番台のオバちゃん・・

 「川みたいな温泉やったら近くに玉川温泉っちゅうのがありますけど・・」と小生小さくジャブ・・
 
 「え、そんなんあるんかぁ・・」
 「そこ飲めるんかぁ・・」と矢継ぎ早・・
 「どうやったかなぁ」っちゅうと・・「ウチは飲めるねん」と、胸をそらす・・

 ま、これだけ自分とこの温泉に自信をもってるのはええことなんやけどね・・ま、自慢するだけのもんもあるんでしょうが、小生にはちと熱かった・・
 昔ながらの銭湯!!と、いった風情は残しておいてもらいたいなぁ・・

新遊亀温泉
温泉の通知簿