住所 鹿児島県姶良郡牧園町高千穂3968
tel 0995-78-2255
料金 500円
泉質 単純硫黄泉・62.7度・Ph5.9・164.8mg
営業 8:00-20:00 無休
 ここは4年前にも宿泊しました。部屋も同じ「かえで」で、しかも同じように雨やし。前よりは少し愛想がよかったけど。
 5,6年前の雑誌かなにかで、秘湯番付で西の大関になった新湯温泉です。
 ここの歴史は明治12年らい病患者の方が「神のお告げ」によって、小川を堰き止め入浴して快癒したことから始まる。
 昭和27年九州大学関連者が、温泉効用を調査し皮膚病関連に著効または有効と報告され、一躍湯治客が殺到した。
 その後、台風による全滅などを経験していまにいたる。
 効能はいたるところで紹介されており、枚挙にいとまがない。
 温泉は乳白色。
 写真2は大浴場の内湯(写真1のなか)、写真3は本館内浴場、4は露天(写真1の奥)。
 しかし、霧島温泉郷から一歩ここに足を踏み入れたときから、一種異様な感じを受けるのは私だけなんやろか。
 秘湯好きにはいいかも。
 適応症のひとつに、「老若男女問わず顔面脂肪消失後化粧の塗りがよくなる」ともあるので、女性陣いかがであろうか。
 年間利用者は4万人とのこと。
 旅館に宿泊するさいでも、タオルや洗面道具は持参のこと。
 布団は自分でしましょう。あるのは浴衣のみ。食事は食堂。
 民営の国民宿舎です。わがままいわないように
温泉の通知簿
新湯温泉 国民宿舎
 
新燃荘
スライドショー →