當麻寺練供養会式
 當麻寺に関しては詳細を記載された素晴らしい紹介があるので、そちらを参照されたい。

 練供養会式は中将姫の現身往生を再現する行事で、寛弘2年(1005)に「往生要集」を著した天台宗の僧恵心僧都源信に
よって比叡山ではじめられた。
 そして法要を継続的に行う為に選んだところが、源信の生まれ故郷、當麻の地にある當麻寺、そして中将姫伝説だった。
 西暦1005年、當麻寺で初めて練供養が行われました。

 練供養は本堂(曼荼羅堂)を極楽浄土に見立て、娑婆堂を現世としてそこに来迎橋を架け、極楽世界と現世とを繋ぎ、
中将姫が現世に里帰りすると、二十五菩薩が極楽浄土より来迎する。娑婆堂(現世)で菩薩のお迎えを待っていた中将姫は、
観音菩薩の蓮台に乗せられて再び極楽浄土へ帰っていくもので、往時の浄土信仰を具現化した壮大な絵巻である。

大阪 京都 奈良 和歌山 九州 別府 関東 安宿情報 温泉番付 濁り湯 身障者宿泊編 スライド ヌル湯 Home
兵庫 滋賀 東海 北陸 中国 四国 東北 共同浴場 宿泊履歴 企画もん 厳選!?の源泉 外湯めぐり 動画 インパク湯
當麻寺の案内は
http://www.taimadera.org/
温泉の通知簿
25菩薩の来迎
里帰りした中将姫を向かえに行く観音菩薩
(極楽浄土から現世へお出迎え)
観音菩薩の蓮台に乗せられた中将姫
(現世から極楽浄土へお戻り)
中将姫が極楽浄土から現世へ里帰り
本堂を背に来迎橋の先に遠く娑婆堂
来迎橋と娑婆堂
(ここを現世に見立てる)
観音菩薩と勢至観音
勢至観音
蓮台を持ちながら救い上げる仕草から
スクイボトケと称される。
両手を合わせて合掌した仕草から
オガミボトケと称される。
25菩薩とは
観世音・勢至・普賢(ここまでの順番はあってますが、以降の菩薩については写真の並びとはあっているかは不明)
薬王・薬上・虚空蔵・金剛蔵・法自在王・獅子吼・陀羅尼・徳蔵・宝蔵・金光蔵・光明王・山海慧・華厳王・衆宝王・月光王・日照王・三昧王・定自在王・大自在王・白象王・大威徳王・無辺身
なんだそうです。
天蓋をもった普賢菩薩を先頭に夕日を受けた金色の菩薩さまたち
娑婆堂を背に向こうに見えるのが
本堂(極楽浄土に見立てる)
スライドショーはこちらをクリック