医王山東光寺
大阪 京都 奈良 和歌山 九州 別府 関東 安宿情報 温泉番付 濁り湯 身障者宿泊編 スライド ヌル湯 Home
兵庫 滋賀 東海 北陸 中国 四国 東北 共同浴場 宿泊履歴 企画もん 厳選!?の源泉 外湯めぐり 動画 インパク湯
温泉の通知簿
 「東光」とは東方浄瑠璃世界を意味し、薬師如来を本尊とする寺が多く、全国にその名前はある。
 ここ東光寺の五百羅漢は15代住職玉峰道琳が日出町の石工覚兵衛(または覚ノ丞)に依頼し、安政6年 (1859)から約23年の歳月をかけて500余体の羅漢像を完成させたもの。
 こちらは「美・醜・笑・渋」のお顔があるのが特徴なんだそうです。
 境内には他に十六羅漢や東大寺の佛足石を模したものもあります。