今月のお勧め週末温泉シリーズ(2004.03/04)
  湯郷温泉で有名なのは「湯郷鷺温泉館」でしょうが、こちら「村湯・療養湯」は浴室に入ったとたん、硫黄臭が鼻につく。そんなに強烈なものではないが、いかにもええ温泉ではないかとの期待感もあふれる場所です。
 浴室はご覧のように二つの浴槽になっています。

 それぞれに違った泉源からのものでいずれもヌルメのお湯です。じっくり入ると皮膚病によいらしい。
 やや狭いのが難点ですが、ええ温泉に長く入れるのはええもんです。
 とまぁ、駆け足での温泉紹介でしたがいかがでしたでしょうか。
 関西圏からも比較的アクセスしやすい場所でもあります。一日かけてゆっくりとお出かけください。
美作三湯の旅
大阪 京都 奈良 北陸 九州 別府 関東 甲信越 安宿情報 温泉番付 濁り湯 ヌル湯 Home
兵庫 滋賀 和歌山 東海 中国 四国 東北 スライド 共同浴場 宿泊履歴 春夏秋湯 動画 インパク湯
温泉の通知簿
 美作三湯を紹介する記事ならいたるところにある。普通の温泉紹介じゃ面白くもなんともない。

 でもってディープな世界へご案内です。
 まずは美人の湯でも有名な奥津温泉にある「せんたく場」です。
 ここは朝方はせんたく場で、写真手前が本当にせんたく場になっているそうです。
 よって、洗濯中は入浴できません。
 入浴は9時から。しかも浴室はひとつですので、混浴となります。
 料金は無料、しかもヌルメのお湯は最高です。
奥津町観光協会はこちら
 最後は湯原温泉ですが、こちらは超メジャー系。

 ここ「砂湯」には三つの露天風呂があります。
 写真右の建物が脱衣所。混浴ですが、こちらはけっこう女性のかたも入浴されています。(大判のバスタオルでグルグル巻)

 自然のなかで解放的な入浴が魅力でしょうか。
 駐車場は手前河川敷に大型駐車場が二箇所あります。
湯原町商工会はこちら
湯郷温泉観光協会はこちら