今月のお勧め週末温泉シリーズ(2003.11/12)
 ここ七釜温泉は浜坂温泉郷にありながら、とても鄙びた風情の町並みを残しています。手前には湯村温泉、奥には浜坂温泉と有名な温泉地に挟まれた町で、かにを食すには穴場的存在です。収容数が大きいところで60名前後といった比較的中小規模の旅館民宿が18軒点在しています。その分家族的な雰囲気のところが多く、毎年「ここでなきゃ」という方もたくさんおられるようです。
 これからの時期は早朝、夜間などに凍結の恐れもありますので、交通情報に注意して安全運転でお願いします。
カニを食らいに・・
大阪 京都 奈良 北陸 九州 別府 関東 甲信越 安宿情報 温泉番付 濁り湯 ヌル湯 Home
兵庫 滋賀 和歌山 東海 中国 四国 東北 スライド 共同浴場 宿泊履歴 春夏秋湯 動画 インパク湯
温泉の通知簿
 なんといっても関西圏ではこの時期になると必ず話しに上るのが、「カニ」ですね。
 基本的には「松葉かに」なんですが、漁場によって香住かに、間人(たいざ)かになどと名称が変わります。
 11月から3月にかけて「かにの解禁」となり、日本海に面した旅館民宿は大賑わいとなります。
 
 今回のお勧めは浜坂温泉、七釜温泉がある浜坂温泉郷です。浜坂港は松葉かにの水揚量日本一を誇り、現地でかにを食らうには最適の場所でしょう。
 左の写真は「七釜温泉共同浴場 七釜の湯」のもので、半露天でゆうに二人は入れる大釜です。
浜坂町観光協会はこちら
 一方、浜坂温泉も旅館民宿が約30軒ほど点在しており、かにと温泉を両方楽しめます。
 浜坂温泉は道路凍結防止のために井戸水を確保しようと掘削していると、温泉が出たといういわく付きの温泉で、家庭へ配湯もされています。右の写真は「浜坂温泉ユートピア浜坂」です。

 かにを食すには大きな旅館より、比較的こじんまりとした民宿などを探すのがいいでしょう。少々の我がままも聞いてくれるでしょうし。
かにのお勉強はこちら