今月のお勧め週末温泉シリーズ(2003.03)
 まずは入浴方法。(浴室内に入り方を図式してます)
@ まずは体をよく洗う。
A 白湯(上の写真の奥)に3〜5分入り、身体を温める。
B 漢方サウナに3分ほど入る。
C 汗をシャワーで洗い流す。
D 漢方湯に3〜5分入る。(このとき、大事な箇所は手で覆うこと)
E 休憩する。(備え付けのお茶でもどうぞ)
F B〜Eを体調に合わせて、2〜3回繰り返す。
 車でのアクセスは駐車場が狭くて少ないので、電車が便利。近鉄上本町駅の裏にある赤十字病院の横である。4階には怪しい健康器具もある。
漢方三昧
大阪 京都 奈良 北陸 九州 別府 関東 甲信越 安宿情報 温泉番付 濁り湯 ヌル湯 Home
兵庫 滋賀 和歌山 東海 中国 四国 東北 スライド 共同浴場 宿泊履歴 春夏秋湯 動画 インパク湯
温泉の通知簿
 ながい冬をすごし春を迎えるこの時期、一番体調を崩しやすいのではないだろうか。
 そんななか、お勧めの湯が「漢方湯」であろう。生活習慣病という言葉があるように、日頃の食生活や習慣によって我々の体は徐々に変調を迎えることになる。
 これを元通りの体に戻すのが漢方湯だ。しかし、入浴方法をキチンと守らないことには逆効果となる。
 今回、医食同源ではないが入浴と食事をお勧めすることにしよう。
 
 左の写真は「ヘルスライフ大阪」の漢方湯です。見るからに効きそうな茶褐色で、浴室内に入ったとたん強烈な漢方の匂いがしてくる。
ヘルスライフ大阪のオフィシャルHPはこちら
小生の湯行記はこちら
もう一軒の漢方湯はこちら
@
A
B
D
E
 風呂上りには3階の「健寿亭」で健康食を味わえる。
 三月一杯までは、「稲庭懐石膳」と入浴セットでのサービスを提供しています。
 是非この機会に漢方で体調を取り戻して、楽しい生活をおくって下さい。
 子供さんには、この漢方湯はきついと思われます。
 なるべくならご夫婦でどうぞ。