温泉の通知簿
京町温泉
 真砂旅館
住所 宮崎県都城市吉之元町4518-9
tel 0986-33-1380
料金 300円
泉質 掲示なし
営業 07:00-20:00 無休
施設 内湯2
unib 身障者対策:特になし
url なし
etc 休憩所
訪問 2005.01.08
 今回の宮崎宿泊はどちらもトクーで予約したもの。「一人宿泊」でも結構あるもんです。
 で、こちら。
 本日は朝6時過ぎに別府着。そのままレンタカーで南下して、さきほどまで京町温泉で湯めぐりでした。 
 で、本日の〆はこちら10湯目。

 チェックイン早々入浴でしたが、ちょっとなぁ・・
 露天風呂の敷地は広いんですが、お湯に浸かれるのは写真1の五右衛門風呂のみ。他にも洞窟風呂のようなものもありましたが、お湯が張ってない。っていうか、ここ何ヶ月も使用したことないんとちゃうかぁって有様。
 内湯は「漢方湯」。「霧島山地で自生する朝鮮山人参」なるものを粉末状にして浴槽にいれてある。
 肌ざわりは柔らかいもんですが、「そのまんま」でもええやん。

 それに内湯に「打たせ」があるんですが、その竜の陶器のようなものから「本来」ならお湯がでてくるハズなんですが、タマ〜に「ジョボジョボ。ジョボジョボ」出るくらいで、それって「よだれ」かぁってなもん。しかもたまに「噴煙?」を吐くんで、オッこれからドバッ〜とお湯が出るなぁって待ってると、また「よだれ」、もうなんとかせぇよ。
 これが実に滑稽で、「出すんならちゃんと出せよ」って言いたくなるわ。

 夕食は結構ボリュームのあるもんですが、特徴のあるものはない。