温泉の通知簿
鉄輪温泉
アートホテル石松
住所 大分県別府市鶴見676-2
tel 0977-66-2236
料金 500円
泉質 掲示なし
営業 不明
施設 内湯1、露天1、蒸し湯1
unib 身障者対策:なし
url http://www.ishimatsu.co.jp/large/
etc 宿泊施設
訪問 2003.08.05
 本日の宿泊はこちら鉄輪温泉にある「アートホテル石松」です。

で早速チェックインですが、フロント奥がウルサイうるさい。韓国からのツアー客のようです。

 よって大浴場が混む前に入浴。先客は二名、のはずが一人しかいない。ウーン?すると露天風呂奥にある「天然サウナ」からウギャーっていいながら、おっちゃんが出てきた。最初どっからこのおっさん出てくんねんって思いましたが、鉄輪温泉の蒸し湯と同じような施設がある。但し、閉所恐怖症でも普通のサウナと同じようなもんですから小生だって平気。

 いろいろ入って体を洗おうとしたら、韓国の方が入浴です。
 なんと脱衣所にはアジア系の方に、「入浴方法」を絵で紹介してまして、よく見てるとちゃんとそのように入浴されてます。

 で、小生が体を洗ってると「これはなんや」(一応関西弁に翻訳しました)って聞くんですよ。そこには最近よく見る「アロエ塩」とか「炭の塩」とかの石鹸交じりのものです。
 実は小生がそれを使ってたもんで、興味が出てきたのでしょう。
 一応英語で聞いてきたけど、私しぁラスベガスでも関西弁で通した筋金入りのタイガースファンでって関係ないか。

(body?) yes,body. ok. (whats is this?) ah salt & soap. ok?

 で、ややこしいことに「炭まじりのアロエ塩のものと米を原料にした塩」と両方あっって、次はその「米混じりのやつをさしてきて」

 (this?)  ah ah そんなんわかるかい、もう。アイ・ドント・ノー。
で、まだ聞いてくるんで二つのマーク「炭」と「米」をさした。
オー、タン&メイ。なんとかわかったか、ホッ。

 で、そっからが大変。そのおっさんが同僚にやり方を自慢そうに紹介してるんですよ。オイオイそれはさっき俺が教えたそのまんまやんか。
 まぁokokか。

 こっちはさっさとっ体を洗って入浴でしたが、今度は違った韓国の方が近寄ってきた。しかも、湯底にある岩によう引っかかってこけそうになるんですわ。(まぁ普通のお風呂は底は平らやけどね)
 私の入浴方法が気になるようで(って普通の入り方ですよ)、こっちに来るんですわ。

 温泉の入り方は?なんて聞かれんうちに、とっとと退散です。
もうゆっくりしたかったのに〜。