温泉の通知簿
 道後温泉
 椿の湯
住所 愛媛県松山市道後湯之町5-6
tel 089-921-5141
料金 300円
泉質 アルカリ性単純泉・43度
営業 6:00-23:00 無休
施設 内湯1
unib 身障者対策:特になし
url http://www.dogo.or.jp/
etc 休憩所
訪問 2003.07.19
 道後温泉の姉妹館の椿湯です。最近まで勉強不足で、ここの存在を知らんかった。で、簡易な地図を片手に探したんですが、なかなか見つからん。道後温泉本館前で待ってるタクシーのオッチャンに「椿館はどちらですか」って聞くと、親切に教えてもらったんはええけど、旅館の椿館やった。そりゃそうやはなぁ。
 椿湯はどちらですかって聞かなあかんかったんや。で、道をあっちいってこっちいって。やっと探して入浴です。
 建物は綺麗やし、フロント(写真4)付近も洒落てる。
 浴室内はご覧のようにお客さんで一杯ですが、地元の方が多いような感じがした。たまたま全員アッチ向いてホイ状態やったんで、ご覧のような写真になりました。
 お湯は本館も同様ですが、いくつかの泉源の混合湯です。しかし、この肌に当たるまろやかな感じはええもんです。
 写真3は脱衣所にありました。まぁゆっくりしてお茶でも飲めってもんですかね。建物はコンクリでしたが、室内は道後温泉の流れをくむ佇まいでした。

 で、そろそろ道後温泉本館も空く頃やろ、次は本館に行くかってんで、商店街の中に足を踏み入れると、アレレ左手、真正面に本館が見えるじゃないですか。
 なんや、本館入り口を背にして商店街に入っていくと一分かからんかったんや。椿湯にはえらい遠回りしたってことかい、アホクサ〜。

 【2004.02.07再訪】
 道後温泉は昨年市の条例かなにかで、共同湯二箇所に塩素を混入させることになったというので、急遽好奇心バリバリで行って来ました。
 スタッフの方にお聞きしたら、やはり塩素混入はしているとのことでしたが、実際入浴しても浴槽、湯口からは塩素の匂いはしませんでした。
 その分湯量が多いので、徐々に薄くなってくるせいでしょうかね。
 しかし、塩素混入の事実は事実で、昔からの歴史のある道後温泉がこんな状況じゃイヤんなるなぁ。