温泉の通知簿
別府泥湯三昧
 全国でも泥湯というのはそうあるものではありません。ここ別府には私の知ってるかぎり三箇所、明礬温泉エリア(厳密には若干違うのですが)に存在します。泥湯は「温熱効果」や「美肌効果」などの効能があり、女性にとっては最高の自然からの贈り物ではないでしょうか。その三箇所をまとめて紹介させていただきます。
 写真1と2は別府温泉保養センター、写真3は神丘温泉、写真4は鉱泥温泉です。少しづつ違いがあるのがわかりますか。
■ 別府温泉保養ランド
■ 神丘温泉
■ 鉱泥温泉
湯行記はこちら
湯行記はこちら
湯行記はこちら
 上記三箇所を一日で回るのも可能だが、できれば一箇所を十分に堪能して味わって欲しい。それぞれ味わい深いものがあり、効能もまた違ったものであろう。できれば近くの鉄輪温泉で湯治の傍ら、訪ね歩くもの一興か。
 温泉名は「鉱泉、鉱土鉱泥湯」という。
 三箇所のなかでは一番料金は安いが、泥湯から上がった時に身体にまとわりつく微粒子は絶品。どちらかというとさらっとした感じ。同じ泥湯でもこちらはややピンクじみた色合いで他にはない。湯底から湧き出す泥湯がいかにも大地からの授かり物といった感じである。
 
 湯温は40〜41度ぐらいでちょうどよく、2,3分入浴し、泥をつけたまま乾燥させ、また入浴と、これを2,3回繰り返すのが成分が吸収されて効果的とのこと。
 ここはかなり有名な施設で皆さんもご存知のかたが多いと思われる。写真1は「酸性明緑礬泉」で、写真右上の湯気が立ってる場所から地獄めぐりにあるような感じで泥湯が噴き出している。湯温は場所によるが、一番遠い場所で40度はない。
 ここの泥はかなり粘着性があって、身体にべったりとまとわりつく。ここは5〜10分ほど十分肩まで浸かると良い。美肌効果、男性のEDなどにも効果があるようだ。浴後は室内に設けてあるシャワーで泥を洗い流すこと。
 写真2はよく観光写真に使われる場所。先ほどの泥湯とは若干性質が違うようだ。大きな露天になっており、最近になって女性専用(写真左上の囲い)も設けられた。ここは底に泥が滞留しており、田んぼのぬかるみに足を入れたようなヌルっとした感触が足に伝わってくる。写真にある柵は底が滑るので移動の時の手すり兼浮遊を押さえるための支えでもある。
 他にメラニン色素を防止するコロイド泉、蒸し湯などもあり、値段的には相応かも知れない。
 午後は治療入浴のため、一般開放は午前中のみとなる。ここの泥は敷地内にある地獄めぐりのひとつ「坊主地獄」の鉱泥をそのまま活用しており、治療にも役立てている。
 浴感は色の割りにアッサリしており、多少泥が身体にまとわりつくが、保養ランドほどではない。
 温熱効果が高く、長湯すると湯あたりがひどくかえって悪くなったりする。適切な指示に従って入るのが効果(細胞の活性化等)が期待できる。
 大きな露天風呂もあるが、その横では地獄めぐりそのままの風景が見られ、一種神がかり的な場所でもある。
大阪 京都 奈良 和歌山 九州 別府 関東 安宿情報 温泉番付 濁り湯 身障者宿泊編 スライド ヌル湯 Home
兵庫 滋賀 東海 北陸 中国 四国 東北 共同浴場 宿泊履歴 企画もん 厳選!?の源泉 外湯めぐり 動画 インパク湯