青葉が目に痛い季節を過ぎ、耶馬溪はこれからが一番の見所を迎える季節になる。
 特にここ裏耶馬溪にある「一目八景」からの眺めは見るものの言葉を失わせる。
 昔、頼山陽をもって「耶馬溪天下に比べるものなし」と言わしめた渓谷美は一見の価値以上のものがある。

 耶馬溪は大きく、「本耶馬溪」、「深耶馬溪」、「裏耶馬溪」、「奥耶馬溪」から構成され、いずれも山深い。
 
大阪 京都 奈良 北陸 九州 別府 関東 甲信越 安宿情報 温泉番付 濁り湯 ヌル湯 Home
兵庫 滋賀 和歌山 東海 中国 四国 東北 スライド 共同浴場 宿泊履歴 春夏秋湯 動画 インパク湯
 温泉はというと、ここら一帯は「単純泉」だが非常にまろやかな肌触り抜群の出色すべき温泉が出揃っている。湯めぐりするにしても結構楽しめるのではないか。
 その他の観光スポットは「青の洞門」、「柾木の滝」、「落合の滝」など自然を満喫できる。
 旅館ホテルでの個人的お勧めは贅沢するなら「楓の木」、安く上げるなら近くの民宿、もしくは「耶馬溪観光ホテル」はいかがでしょうか。

 こちらの紅葉はご夫婦で唖然とすること請合い。この秋は是非紅葉の耶馬溪と温泉へ一度足を運ばれたらいかがであろうか。
たまに贅沢 たまにゆっくり たまには夫婦
秋は紅葉 耶馬溪へ
(2003年秋編)
中津・耶馬溪観光協会はこちら
鶴川温泉
若山温泉
耶馬溪観光ホテル
民宿えぼし
折戸温泉